いぎりすもんや は英国発信のアンティーク情報サイトです。
  良い品をイギリスから直接、お求め易い価格でお届けします。

英国 アンティーク シルバー 英吉利物屋 トップ(取り扱い一覧)へ 新着品物 一覧へ アンティーク情報記事 一覧へ 英吉利物屋ご紹介へ

スターリングシルバー グッドラック(Good Luck) ホースシュー & ペンダントヘッド


銀の歴史に関心があり、その一環として気になるのですが、イギリスではある時期に特定の銀製品が流行することがあったようで興味を惹かれます。 1900年前後の銀ボタン1930年代から十年ほどの銀グッドラックホースシュー、そして1970年代後半から十年ほどの銀インゴット型ペンダントヘッド。 銀関連の豆知ッになりましょうか。

お客様との遣り取りで、アンティークが見つかる頻度について考えてみる機会がありました。 ご希望をいただいて探せば、年にいくつか見つかるのではという品もありますが、まず見つかりそうにないアンティークも世の中にはあります。

この違いは過汲ノ作られた品物の数量によることは明らかなのですが、それと同じくらいか、あるいはもっと大きな要因として、その品が大切に扱われて今日にまで残りやすい何らかの理由があるかどうかということも重要です。

例えば、英国のいくつかのシルバースミスが今から七十年ほど前の1930年代から40年代にかけて、小さな純銀ホースシュー アクセサリーを作っていました。 イギリスではホースシューには魔除けとグッドラックをもたらす効果があるとされ人々に好まれます。 

オ十年前の小さなアクセサリーが今日でも見つかるということは、vえば不v議なことなのですが、ホースシューは後世に残りやすい歴史的背景を持ったアンティークでもあるのです。 過汲ノ作られた数量と、ホースシューが持つよい意味合いというバランスの上に、ホースシューが見つかる頻度が決まってくると考えられます。

初めて銀のホースシューを探した時には、アンティークを扱う知り合いに声をかけたのですが、條ヤがかかりました。 ところがその時に相談した方たちから今でも、「あなたが探していたホースシューが入ったよ。」という知らせが時々あります。 こうしたネットワークのお陰もあって、スターリングシルバーのホースシューを、これまで年に三つほどは見つけられてきたと思います。 

「ホースシューはグッドラックものだから、見つけた時には手に入れて、キープしてきた。 見つかる頻度は年に一つか二つかな。」 とのこと。 何人かのコレクターの経験をまとめてみると、普通に探して年に一つか二つというのが、このホースシューを見つけ出すレートではないかと推測できます。 

それでは、なぜホースシューが好まれるようになったのか。 ヴィクトリア梠繧ノ書かれた 『The Horse Shoe, The True Legend of St. Dunstan and The Devil』 という書物には、ホースシューにまつわる伝説が書かれています。 その概要をご紹介してみましょう。

後にカンタベリー大司教になったセント・ダンスタンは、ハープを弾くのが上手で鍛冶屋の仕魔烽アなす器用な人でした。 ダンスタンが夜にハープを奏でていると、デビルがやって来て邪魔をするようになりました。 デビルの悪戯に困ったダンスタンは一計を案じて、蹄鉄を取替えに来たデビルの蹄足にホースシューの留め釘を深く打ち込んだのでした。 

痛がるデビルにダンスタンはこう言います。 「これからは礼拝の邪魔をしないこと、音楽を奏でる邪魔をしないこと、そしてホースシューを掲げた家には寄り付かないこと。 これを守るなら直して進ぜよう。」 デビルはダンスタンと契約をかわし、以降はホースシューが魔除けの役割を果たすようになり、さらには Good Luck をもたらすお守りとされるようになったのでした。


陜ちの品はシルバーアクセサリー コーナーに移しました。


No. 6134 ヴィクトリアン アイアンワーク ホースシューネイル ペンダントヘッド SOLD
縦の長さ 10cm、重さ 52g、l角いネイルヘッドの一辺の長さ 6mm、ヴィクトリアン後期の英国製、 SOLD

ヴィクトリアンのアイアンワークです。 ペンダントヘッドと書きましたが、フォブの可能性もありますし、装飾用になんとなく作られた品かも知れません。 デザインのよさ、素材の面白さに惹かれましたが、このアンティークの背景を調べていくと、なかなかの縁起物であることも分かってきましたので、話題性のある室内飾りにしてみたいと思います。

金属細工人の中でも鍛冶屋さんをスミスあるいはブラックスミスと言いますが、蝸vな交通手段が馬や馬ヤであったヴィクトリア梠繧ノおいては、ブラックスミスはとても重要な職業で、どこの村にも鍛冶屋さんがありました。 この品はそういったブラックスミスの方が遊び心で作った装飾品で、ホースシュー(馬の蹄鉄)を留める蹄鉄釘で出来ています。 本来、蹄鉄釘は4センチ強ほどの長さですが、この釘を曲げていって、組み合わせてあります。 ボディーの上の方をよくみていただくと、五本の釘をひとまとめにして、別の釘でぐるりと取り巻いて束にしてあるのが分かるかと思います。

ホースシューはイギリスではグッドラックの意味があって人々に好まれます。 そして、そのホースシュー(=Good Luck)を留める蹄鉄釘もまた縁起物ということになります。 数えてみると、ホースシュー ネイルが16本gわれていますので、グッドラックがいくつも固定できるわけで、ありがたみも増すと言うわけなのです。 

ついでながら、先日、シャーロック・ホームズの『白銀号膜潤xを読んでいましたら、ホームズの 「I think that I shall put this horseshoe into my pocket for luck.(このホースシューは幸運があるように、рェ貰っておきましょう。)」という台詞に出会いました。 この探偵小説は1892年12撃ノ発表されていますので、少なくともヴィクトリアンの頃には、「ホースシュー=幸運」の連想があったことが分かります。 シャーロック・ホームズ シリーズには、アンティークなヴィクトリアンの暮らし向きが読み取れる場面が豊富なので、注意して読むと面白いようです。 縁起のよさが好まれ、パブの看板に蹄鉄Oつが描かれて、ハ真二番目のような 「Three Horseshoes」なんていう名前のパブもありますので、「ホースシュー=幸運」の図ョはイギリス人の暮らしに深く根ざしていることが分かります。

英国アンティークにはスティール アンティークという専門分野があります。 イギリスには世界初の鉄橋で、ユネスコの世界遺産にもなっているアイアンブリッジという誰もが知っている観光地があって、英国人にとってスティール アンティークと言われてまず思い浮かぶのは、この産業革命の遺産であるアイアンブリッジであることが多いようです。 

鉄の道具の歴史はかなり古いわけですが、ジョージアンの時代の中頃に始まった産業革命の影響が大きく、氓フヴィクトリア梠繧通じて、鉄製品が芸術的な領域にまで高められていきました。 ですからイギリスにおけるスティール アンティークとは、この国の人たちにとって誇らしいアイアンブリッジや産業革命の延長線上にあって、ヴィクトリアンのノスタルジーを感じさせてくれるアンティーク分野であるのです。

ヴィクトリアン アイアンワーク ホースシューネイル ペンダントヘッド



英国 アンティーク シルバー 英吉利物屋 トップ(取り扱い一覧)へ 新着品物 一覧へ アンティーク情報記事 一覧へ 英吉利物屋ご紹介へ