いぎりすもんや は英国発信のアンティーク情報サイトです。
  良い品をイギリスから直接、お求め易い価格でお届けします。

英国 アンティーク シルバー 英吉利物屋 トップ(取り扱い一覧)へ 新着品物 一覧へ アンティーク情報記事 一覧へ 英吉利物屋ご紹介へ

アンティークな英国のパブ (アンティークの専門誌『オクルス』 掲載記事です。)

今回は英国アンティーク好きにとっては見逃せない、パブについてご案内したいと思います。
イギリスに七万軒あると言われるパブは、都会にはもちろんのこと、田舎の小さな村に行っても、一軒や二軒すぐに見つかるほど一般的です。ちょっと一杯と言ってはパブに行き、何はなくともパブに行く、英国人の暮らしにパブは欠かせません。
そして昔からの歴史あるお店が今でもたくさん残っていて、パブは生きた英国アンティークとも言えるのです。

ロンドンから北東へ約100kmのサフォーク州にあるアンティークなパブを二つご紹介しましょう。
ストーク バイ ネイランド村は風景画家コンスタブルが愛したデナム峡谷の美しい自然の中にあり、広がるフィールドの向こうに遠方からでも見えるセントメアリー教会の高い塔が目印になります。中世ティンバー様式の家屋が多い村のほぼ真中にあるパブ「エンジェルイン」は16世紀の建物です。歴史を感じさせる天井の大きな梁、使い込まれたテーブルや椅子、そして壁にはヴィクトリアン ペインティングが飾られています。落ちついた雰囲気の中で薪が音をたてる暖炉の火を眺めていると、私はとてもアンティークな気分になります。

もう一軒のお薦めは同じくサフォーク州、チルスフォード村にあるパブ「フローズイン」です。こちらは静かな街道沿いに立つ、紅いチルスフォード煉瓦が特徴の15世紀後半の建物です。中世のチルスフォードは巡礼者で賑わう二つの修道院の中間地点に位置していました。この旅篭が旅人に供した「フローズ」と言うパンケーキが評判で、いつしか旅篭の、そしてパブの名前になったのです。

アンティークな英国のパブ(英国 アンティーク シルバー 英吉利物屋)
【左の地図イラスト説明】
エンジェルインからフローズインへ向かう途中で、海沿いの街ウッドブリッジにもお立ち寄りください。
ウッドブリッジにはアンティーク店がたくさんあり、アンティーク関連出版で有名な「アンティーク コレクターズ クラブ」もこの街に本部を構えています。こじんまりした街ですが、アンティーク以外にも海洋関係グッズやキッチンウエアのお店、可愛い花屋さん、ブティック、そして新鮮なシーフードレストランと、旅行者にとって楽しいものがぎゅっと詰まった街です。

【バターナイフのイラスト説明】
ヴィクトリアン スターリングシルバー バターナイフ、1861年 バーミンガム
バターナイフは元々バタースペードという鏝状(こて状)のシルバーウェアから発展してきた経緯があります。 このバターナイフはブレードと柄のつなぎ部分にバタースペードの面影を残し、湾曲したブレードを持つヴィクトリアン初期の品で、バターナイフの歴史をよく伝える品です。


【雪景色のフローズイン】
アンティークな英国のパブ(英国 アンティーク シルバー 英吉利物屋)

ご紹介したのはアンティークなパブだからと言うだけではありません、実は美味しいパブとして有名でもあるのです。英国では少し前までパブは飲む処であって、食べる処ではないと思われていたふしがあります。ところが近年は、アルコールばかりでは良くないというヘルシー志向の高まりや、食事も出した方がパブの経営上よいとの判断もあって、美味しいパブが増えてきました。と言う訳でご紹介したパブはサフォーク州でもシーフードが美味しいと評判の二軒なのです。
この辺り一帯は海を隔てて隣接するオランダから、かつて移民を受け入れた影響で、地元では今も魚を好む方が多いようです。おかげでロンドンよりも手ごろな値段でおいしいシーフードが食べられるのです。

またフローズインは二部屋だけのB&Bも兼ねていて宿泊も出来ます。パブマスターであるご夫婦はとても良い方たちで、気持ち良く過ごすことが出来ました。朝は鶏の鳴く声で目覚め、たっぷりのイングリッシュ ブレックファストを食べて英気を養いました。
帰りがけになぜか色々な形のきれいなかぼちゃを御主人からもらったのには驚きましたが、(なぜ?と思わず聞いたら、照れくさそうにされて理由は分からずじまいでした。)これも田舎の人ならではのおもてなしなのでしょう。御主人に聞いたレシピで、帰ってから家族で食べたら、お腹も心も暖まりました。

アンティークな英国のパブ(英国 アンティーク シルバー 英吉利物屋)

パブに行って初心者の私達が一番緊張するのは注文の時と思います。
そこで皆さんにもパブを楽しんでいただけるように、英国パブでの注文のこつをお教えしましょう。

パブでは食事も飲み物も、お客がカウンターに出向いて注文するのが普通ですが、カウンターは注文客で混んでいる場合も多いのです。そんな時、「注文したいのですが。」と声をかけたり、お札を握った手を振ってお店の人に合図を送りたいところですが、そうしないのが作法のようです。
回りの人々を観察してみると、声に出して自分の順番を主張している人がいないことに気付くはずです、皆じっと自分の順番が来るのを待っているのです。
こうした作法に慣れない最初の頃は、たまらなく苦痛でした。いつまで待っても注文を聞いてもらえないのではないか? 後から来た人が先を越しているのではないか? こんな疑問が湧いて落ちつかないのです。
だんだん分かってきたことですが、パブの主人はお客の後先を良く見ていて、出来るだけ公平に客をさばきます。客も注文の仕切りはパブの主人に任せて、辛抱強く待つ習性を身につけているのです。
そしてパブの主人が先客のビールを注ぎながら、あなたと目が合い、片眉毛をちょっと上げてシグナルをくれたなら、次はお前の順番だよという合図になります。

パブでの注文作法を知ると、英国人の国民性の背景が見えてくる気がします。たとえ列を作って並んでなくても、順番はあり、その順番は尊重されるべきであるというルールが社会に根ざしているように思えるのです。車の運転マナーやバス停での順番待ち等、暮らしの他の場面においても、例えばお隣りのフランスと比べてイギリスには割り込みをする人が少ないように感じます。(フランス贔屓の方ごめんなさい。)


昨年のことですが、1960年代の大列車強盗事件の犯人で、脱獄して海外に逃げていたブリッグスというお年寄りが、数十年に渡る海外逃亡に終止符を打って、帰国すれば捉まるのを覚悟の上でイギリスに戻って来るという出来事がありました。かつての大盗賊も今はすっかり年老いて、「わしは死ぬ前に一度でいいから、昔のようにパブでエールが飲みたいんじゃ。」と呟くその姿に、英国人の多くが妙に納得していたようでした。
そうです、パブは英国人の原点、イギリスの心そのものであるからなのです。

アンティークの美しいバターナイフを手に取って、ホールマークから作られた年代やメーカー名を読み取り、その時代に思いを馳せてみることは、もちろんアンティークの楽しみの一つです。しかし、パブには英国人の歴史や暮らし、そしてイギリス的な価値が凝縮しているように思え、アンティークを通じて英国理解を深めていきたい私にとって、古めかしいパブで過ごすひとときも大切な時間と感じます。


以上です。


関連記事
35. Wicked Lady (アンティークな英国パブ その3)
イギリスの田舎にある一軒パブ Wicked Lady(邪悪な淑女)の歴史的背景を調べてみました。

34. パブの楽しみ (アンティークな英国パブ その2)
街のパブや田舎のパブを歴史的な起源によって分類し、パブサインの由来など、英国パブについて詳しくなって、もっと楽しむ方法です。

英国 アンティーク シルバー 英吉利物屋 トップ(取り扱い一覧)へ 新着品物 一覧へ アンティーク情報記事 一覧へ 英吉利物屋ご紹介へ