いぎりすもんや は英国発信のアンティーク情報サイトです。
  良い品をイギリスから直接、お求め易い価格でお届けします。

英国 アンティーク シルバー 英吉利物屋 トップ(取り扱い一覧)へ 新着品物 一覧へ アンティーク情報記事 一覧へ 英吉利物屋ご紹介へ

英国を知るアンティークの参考書: パンチ素描集、


No. 19124 英国を知るアンティークの参考書 : 『Mr. Punch in Mayfair』、 with 241 Illustrations & Frontispiece in Colours (The New Punch Library シリーズ)
縦 20.4cm、横 16.2cm、厚さ 2.4cm、重さ 672g、ページ数 240ページ、布張り装丁本、1935年 London、The Educational Book Company Ltd刊、Made and Printed in Great Brieain by R & R Clark Ltd Edinburgh、一万二千円

英国を知るアンティークの参考書として、お薦めしたい一冊です。

ハ真一番目、緑色の布地カバー部分にトレードマークになっている Mr. Punchのシルエットが見えます。 15603 Mr. Punch ティーキャディー スプーンについているパンチ≠ニ同じものです。

このパンチ素描画集は、1930年代に出版された全二十巻シリーズのうちの一冊です。 題名にあるMayfairというのは、ロンドンで最もポッシュな界隈を指しています。 つまり、この巻の内容は、1900年頃から1930年代までのイギリスミ交界の様qを伝える第一級送ソというわけです。

メイフェアはロンドン地下鉄の駅でいうと、オックスフォード サーカス、ピカデリー サーカス、ハイドパーク コーナー、そしてマーブル アーチで囲まれた四角形の区域です。 通りの名前で言えば、オックスフォード、リージェント、ピカデリーの三大ストリートに囲まれたこの辺りは、華やかなロンドンを象徴する一角。 有名ブランド店や老舗、デパートなどが集まり、国内のみならず海外からも観光客が集まるロンドンの一大繁華街になります。

ただ、メイフェアの少し奥に足を踏み入れると、今でも居住用の建物も多くて、その昔は閑静な高級居住区であった面影は十分に残っています。 O大ストリートの賑わいから離れて、少し奥まったメイフェアは、昔も今もロンドンミ交界の中心であり続けています。

イラストで描かれている英国柾槝、見ていて興味が持ちやすいと思います。 当桙フファッションなどを含めた社会の様qが分かるのも、アンティーク ファンには嬉しいところです。 楽しめる一冊になっているのはお薦めポイントと思います。

布張り装丁のしっかりした本です。 読み物もありますが、全ページにわたってパンチのイラストだらけで、合計で240ページの中に241のイラストが含まれており、見ごたえがあります。 パンチとしてはオーソドックスな風hから、当桙フ服装など分かる多岐なイラストが特徴で、昔のイギリスがまるごと分かり、見て楽しめる本は嬉しいものです。 

ヴィクトリアン終り頃からエドワーディアン、そして1930年代初め頃までのイギリスが見ていけるアンティークな資料です。 この本は英国アンティーク研究のありかたの一つとしてお勧めしたいと思います。 

パンチはイギリスのユーモアを集約していると言われます。 以下にありますいくつかイラストと解説で、イギリス流のユーモアやウィットの一端を味わってください。 

英国アンティーク情報欄にあります「31. 『Punch:1873年2・2日号』 ヴィクトリアンの英国を伝える週刊新聞」の解説記魔烽イ参考ください。 また、パンチ素描画集の全巻についてはこちらをご覧ください。

Mr. Punch in Mayfair、 with 241 Illustrations & Frontispiece in Colours (The New Punch Library シリーズ)Mr. Punch in Mayfair、 with 241 Illustrations & Frontispiece in Colours (The New Punch Library シリーズ)


イギリス人と話していると、ウィットの効いた切り替えしが上手いなあと思うことがしばしば。
上の会話なども、Q考にしたいところです。


やはり当桙フ社交といったら、カードゲームのブリッジ。 以下もご参考ください。
スターリングシルバー MADE IN ENGLAND 回転ョシャープペンシル



1930年代の自動車が背景に見えていて、興味を惹かれます。


No.18477 The New Punch Library シリーズ 一部 SOLD
布張り装丁本、1935年 London、The Educational Book Company Ltd刊、Made and Printed in Great Brieain by R & R Clark Ltd Edinburgh、一冊 一万二千円

イギリスの笑い、ユーモア、風h(Sarcasm)といえば、やっぱりその代表はパンチとなりましょう。
どの巻も200以上のイラストが含まれており、ページ数や本の構成はNo. 18038 『Mr. Punch in Mayfair』とほぼ同じです、ご参考ください。
ご興味の巻がありましたら、内容紹介のサイトアップを急いでみますので、ご連絡ください。

1. Mr.Punch's Cavalcade : A Revue of Thirty Years、SOLD
2. Mr.Punch in Mayfair、一冊あり
3. Mr.Punch in the Family Circle、SOLD
4. Mr.Punch After Dinner、SOLD
5. Mr.Punch's Children's Hour、SOLD
6. Mr.Punch and the Arts、SOLD
7. Mr.Punch and the Services、一冊あり
8. Mr.Punch with Hourse and Hound、一冊あり
9. Mr.Punch's Theatricals、一冊あり
10. Mr.Punch in Scotland、SOLD
11. Mr.Punch's Goes Motoring、一冊あり
12. Mr.Punch's Country Manners、一冊あり
13. Mr.Punch in Holiday Mood、一冊あり
14. Mr.Punch on the Links、一冊あり
15. Mr.Punch in London Town、一冊あり
16. Mr.Punch on His Travels、SOLD
17. Mr.Punch and Toby's Friends、SOLD
18. Mr.Punch's Sports and Pastimes、一冊あり
19. Round the Year with Mr.Punch、一冊あり
20. Mr.Punch in War Time、SOLD

英国アンティーク情報欄にあります「31. 『Punch:1873年2・2日号』 ヴィクトリアンの英国を伝える週刊新聞」の解説記魔烽イ参考ください。



No. 14815 Mr. Punch's Cavalcade、A Revue of Thirty Years、 with 209 Illustrations & Frontispiece in Colours (The New Punch Library シリーズ第1巻) SOLD
縦 20.4cm、横 16.2cm、厚さ 2.4cm、重さ 660g、ページ数 240ページ、布張り装丁本、1935年 London、The Educational Book Company Ltd刊、Made and Printed in Great Brieain by R & R Clark Ltd Edinburgh、SOLD
ハ真一番目、緑色の布地カバー部分にトレードマークになっている Mr. Punchのシルエットが見えます。 15603 Mr. Punch ティーキャディー スプーンについているパンチ≠ニ同じものです。

このパンチ素描画集は、1930年代に出版された全二十巻のうちの記念すべき第一巻です。 一巻目ということで、1900年頃から1930年代までの歴史や社会を総観する内容となっており、『パンチ』に少し関心を持っていらっしゃる方には手ごろな一冊となっています。

『Mr. Punch's Cavalcade、A Revue of Thirty Years』という題名は、日本語にしたら『ミスター・パンチ オンパレード、30年間のレビュー』と言うところでしょうか。 カタカナが多くて日本語と言えないかも知れませんが、この本の雰囲気や感じは伝わるかと思います。

英国柾槊他にも、ロシア皇帝ニコライ二世、レーニン、ヒットラー、そしてチャップリンなど有名人が登場してくるので、見ていて興味が持ちやすいと思います。 また、歴史や世界の政治事情のみならず、ハ真五番目や六番目に見られるような、当桙フファッションなどを含めた社会の様qが分かるのも、アンティーク ファンには嬉しいところです。 硬軟両面から楽しめる一冊になっているのはお薦めポイントと思います。

布張り装丁のしっかりした本です。 読み物もありますが、全ページにわたってパンチのイラストだらけで、合計で240ページの中に209のイラストが含まれており、見ごたえがあります。 パンチとしてはオーソドックスな風hから、当桙フ服装など分かる多岐なイラストが特徴で、昔のイギリスがまるごと分かり、見て楽しめる本は嬉しいものです。 

ヴィクトリアン終り頃からエドワーディアン、そして1930年代初め頃までのイギリスが見ていけるアンティークな資料です。 この本は英国アンティーク研究のありかたの一つとしてお勧めしたいと思います。 

パンチはイギリスのユーモアを集約していると言われます。 以下にありますいくつかイラストと解説で、イギリス流のユーモアやウィットの一端をご紹介してみましょう。 

英国アンティーク情報欄にあります「31. 『Punch:1873年2・2日号』 ヴィクトリアンの英国を伝える週刊新聞」の解説記魔烽イ参考ください。 また、パンチ素描画集の全巻についてはこちらをご覧ください。
Mr. Punch's Cavalcade、A Revue of Thirty Years、 with 209 Illustrations & Frontispiece in Colours (The New Punch Library シリーズ第1巻)


左の熊が逃げていくイラストは1904年5・1日号掲載分です。 日露戦争開戦初期からの日本の優勢を伝えています。 また、右側は1904年11・日号のイラストで、ドッガーバンク膜薯シ後のイギリスを描いております。 英国の象徴であるブリタニアが、ロシアに対してまさに剣を抜こうとしている様qです。

1904年の秋からロシアのバルチック艦隊は日本へ向けて航行中でした。 世界jのビックイベントとして、バルト海、北海、大西洋、喜望峰を経て日本へ向かうロシアのバルチック艦隊の動きが注汲ウれ、当桙フイギリスでは日本海海戦の行方が大変な興味を持って見守られていたとの記録が残っております。

そして1904年10撃ノはイギリス沖合いの漁場ドッガーバンクで、漁船を日本の水雷艇と誤認したバルチック艦隊が、英国漁船砲撃膜盾引き起こして、英国世論が激高する事態となっています。 

日本に向かって戦争に行くロシア艦隊が、途中で英国漁船を何百発もの砲弾で打ち払って、間違いと分かった後には救助もせずに通り過ぎてしまったのですから、誰だって怒るだろうと思います。 

当桙フ日本とイギリスは日英同盟を結んでおりましたが、ドッガーバンク膜盾契機にイギリス世論もおおいに日本に味方しました。 そしてイギリス政府によるバルチック艦隊の航海妨害などナイスアシストもあって、日本海海戦に向けて有利な展開となったのは幸いでした。 


1905年1・日号では、ロシア皇帝が頭を抱えている様qです。 Russian Prestige(ロシアの威信)と描かれた砂時計の砂がなくなりかけております。

昔の服装も興味深いです。


No. 15715 百枚の挿絵でヴィクトリアンの田ノ暮らしが分かるアンティーク本 『OUR VILLAGE(рスちの村)、1893年初版、 挿絵 by Hugh Thomson』 SOLD
縦の長さ 17.5cm、横の長さ 11.6cm、厚さ 1.5cm、重さ 245g、ページ数 256ページ、挿絵101枚、1927年 マクミラン ロンドン、SOLD

256ページに挿絵が101枚入っていますので、平均すると二、O頁に一枚の割合で挿絵が組み込まれています。 それぞれの挿絵にはCopyright 1893 by Macmillan & Co.とあり、ヴィクトリアン終り頃の田ノ暮らしが描かれていると分かります。 なお、15714 ブラス スモール トレイに描かれた、ニワトリのえさやり場面によく似たイラストも、この本の挿絵のひとつです。

ハ真O番目にあるような、挿絵目次が付いています。 この挿絵の目次だけで四頁が費やされており、挿絵に力が入ったヴィクトリアン本であることが嬉しいところ。 初版は1893年で、10回の版を重ねており、この本は1927年版となっています。

ハ真二番目に背表・フ様qを撮ってみました。 今から八十年以上前の本なので、赤色の布張り装丁もアンティークな趣となっています。 書名と著メ名に加えて、出版社のMACMILLANが下の方に金文字で見えています。 植物文様の金装飾も昔風な味わいがあって美しいものです。 ハ真一番目に見える蔵書印が各所に押してあります。

百枚の挿絵を順々に眺めていくだけでも、ヴィクトリアン ライフについて理解が進んでまいります。 挿絵にはそれぞれ簡潔な説明書きがあり、例えば写真一番目は「Watering my flowers.(お花に水遣り)」、ハ真O番目は「Fine March weather.(O撃フよいお天気)」で、このあたりは簡単な英語です。 いろいろ見ていくとちょっと難しい表現もあり、なるほど英語ではそういうのかと、勉強になります。 
百枚の挿絵でヴィクトリアン暮らしが分かるアンティーク本 『OUR VILLAGE(рスちの村)、1893年初版、 挿絵 by Hugh Thomson』


No. 4420 Mr. Punch and The Arts、 with 233 Illustrations & Frontispiece in Colours (The New Punch Library シリーズ第6巻) SOLD
縦 20.4cm、横 16.2cm、厚さ 2.4cm、重さ 660g、ページ数 240ページ、布張り装丁本、1935年 London、The Educational Book Company Ltd刊、Made and Printed in Great Brieain by R & R Clark Ltd Edinburgh
Mr. Punch and The Arts、 with 233 Illustrations & Frontispiece in Colours (The New Punch Library シリーズ第6巻) 上がオールドスタイルで、下はニュースタイルとあります。
左から俳優、作家、画家の昔と今で、「The Decline in Our Club Personalities」と題名があります。 個性の衰退が嘆かれた風h画です。


とても有名な俳優がサインを書きながら:「рフ親愛なる友人ーー、ええっと、お名前はなんと言われましたっけ?」


本屋の店員:「旦那、ぺブルはもう読まれましたか? この本はよく売れましたよ。」
ぺブルの著メ:「そうかね。 рナもそのぐらい書けそうに思ったがね。」
本屋の店員(いつでもお客さんに口を合わせることに慣れているので):「そうですよね。ええ、タ際のところ、р焉Aうちの子供でも書けそうなもんだと思うんですよ。」


No. 5710 Mr. Punch on His Travels、With 256 Illustrations & Frontispiece in Colours (The New Punch Library シリーズ第16巻) SOLD
縦 20.4cm、横 16.2cm、厚さ 2.4cm、重さ 658g、ページ数 240ページ、布張り装丁本、1935年 London、The Educational Book Company Ltd刊、Made and Printed in Great Brieain by R & R Clark Ltd Edinburgh
大型定期船の出航風景です。

右のイラスト: Old Lady (Seeing friends off). They'll soon be starting now, my dear. Both funnels are smoking and they wouldn't want two fires just to cook lunch.
老婦人が友人を見送りながら、「あら、もうすぐ出航のようね。 両方の煙突がモクモクして、二つも火を焚いて、ただお昼ごはんを作ってるってわけでもないでしょう?」


No. 5684 Mr. Punch in The Family Circle、With 234 Illustrations & Frontispiece in Colours (The New Punch Library シリーズ第3巻) SOLD
縦 20.4cm、横 16.2cm、厚さ 2.4cm、重さ 666g、ページ数 240ページ、布張り装丁本、1935年 London、The Educational Book Company Ltd刊、Made and Printed in Great Brieain by R & R Clark Ltd Edinburgh
パンチ 挿絵集 Mr. Punch in The Family Circle、With 234 Illustrations & Frontispiece in Colours (The New Punch Library シリーズ第3巻)

「やあタ際、君の新しい帽qを見るといつも笑っちゃうんだがね。」
「そう? じゃあ汢はお勘定書が来た時にかぶってみるわ。」

目の玉が飛び出るような請求書がまわってくるということでしょう。


英国 アンティーク シルバー 英吉利物屋 トップ(取り扱い一覧)へ 新着品物 一覧へ アンティーク情報記事 一覧へ 英吉利物屋ご紹介へ