英国 アンティーク 英吉利物屋 トップへ 新着品物 一覧へ アンティーク情報記事一覧へ 英吉利物屋ご紹介へ

No. 20093 スターリングシルバー ピアストワーク ティースプーン
長さ 11.6cm、最大横幅 2.5cm、透かし柄の最大幅 1.35cm、重さ 11g、1971年、バーミンガム、五千円(1本あります)

20092 透かし銀スプーンと似ていますが、銀工房とアセイオフィスが異なります。 透かし細工もよく見ると、微妙な違いがあります。

透かし細工の綺麗なスターリングシルバーのティースプーンです。 裏面にはブリティッシュ ホールマークがしっかりなのもグッドでしょう。 

ゴルフ関連の銀製品と考えられ、ある意味とても英国風なシルバーウェアと言えると思います。 イギリスではいろいろなスポーツが盛んですが、こういった銀製品との関連の深さでは、ゴルフとライフルクラブが両横綱といった感があります。 

今日ではイギリスのゴルフ愛好家の裾野が広がってきているようでありますが、少し前まではお金持ちのスポーツであったことと関連がありそうに見ております。

写真二番目に見えるように、柄の裏面には「DB」のメーカーズマーク、デートレター、スターリングシルバーを示すライオンパサント、そしてシェフィールド アセイオフィスのローズマークが刻印されています。

【関連記事】
ライフルやゴルフクラブ関連で、多く見かけるアンティーク シルバー

スターリングシルバー ピアストワーク ティースプーン

スターリングシルバー ピアストワーク ティースプーン

スターリングシルバー ピアストワーク ティースプーン


イギリス アンティーク 英吉利物屋 トップへ 新着品物 一覧へ アンティーク情報記事一覧へ 英吉利物屋ご紹介へ